見学する

活動日、活動場所

毎週水曜日

13:20~横浜キャンパス 4号館2階学生ホール

15:00~横浜キャンパス 3号館2階32D教室

上記は2017年度前期のものです。

年間スケジュール

5月 ― 新入生歓迎会
6月 ― 横浜祭
11月 ― 世田谷祭、秋M3(DTM班)
3月 ― 追いコン

その他、日程は未定ですが、今年度は合宿を行いたいと考えています。

よくある質問

どのような人にオススメですか?
パソコンを用いた作品制作を行いたい方にオススメです。
具体的には、やはり主な活動内容であるプログラミングやDTMに興味がある人です!
少し詳しい情報が『デジタルコンテンツ研究会紹介2015』ページに記載されておりますのでご一読下さいませ!

部費はかかりますか?
年会費としてプログラミング部門、DTM部門問わず1000円を頂いています。部費として徴収する金額はこれだけですが、
人によっては活動をするにあたって必要な機材等の購入が必要になるかもしれません。
具体的には、満足に制作を行えるスペックのパソコン(持っていない方)や、DTM班なら作曲を行うために使うソフト等です。
しかし、これらの購入は強制ではありません。無料のソフトウェアを使ったり、バイトでお金をためてから買うのもOKです。

ノートPCは絶対に必要ですか?
活動のたびに必ずノートPCを持参する必要はありません。
しかし活動内容の性質上、ノートPCが無いと制作が進められないこともあります。

制作に使うソフトウェアの規定はありますか?メンバーは何を使っていますか?
サークルとしては基本的に使用ソフトの規定はしておらず、経験者の方なら自分の使っているものを使い続けてOKです。
未経験者の方も、メンバーの意見を参考に選ぶことも、自分の興味があるソフトを使うことも自由です。
ただし、メンバーと同じものを使うことで、先輩からソフトの操作方法等が学びやすいといったメリットもあります。

DTM部門のメンバーはMacなら『Logic Pro X』、Windowsなら『FL Studio』、『Cubase』等を主に使用しています。
特に未経験者の方は、何を選べばいいのかわからない場合が多いと思いますので、詳しくは活動時に聞いてみてください。

誰でも参加できますか?
活動経験は不問です。デジコン入部と同時に活動を始め、実力をつけている先輩もいます!
二年生以上の方や、他キャンパス(世田谷キャンパス、等々力キャンパス)の学生ももちろん歓迎です!!
ただし、他大学の学生の方は参加することができませんのでご了承ください。

忙しくて活動に出席できない / 他キャンパスの学生なので毎回の出席が難しい場合はどうすれば?
活動に毎回出る必要はまったくありません。非常にゆるいサークルですので気軽に参加してください。
数か月に一回の出席でも問題ありませんし、横浜祭や世田谷祭で行われる作品発表のみに参加することも可能です。

入会するためにはどうすればいいのですか?
年度の初めだけでなくどのタイミングでも入部は可能ですが、入会時には一度見学しに来て頂けると幸いです。
ご不明な点があれば、お気軽に下記の連絡先までお問い合わせください。

問い合わせ先

メール: info@tcu-dc.net
Twitter: @tcu_dc


ログイン